アクアリウムのデザイン、レンタルなら株式会社エマスデザインへ

グッピーの赤ちゃん

E2B1970D-1F08-4E9F-BD11-98F193392D05

個人宅様水槽でグッピーの赤ちゃんが産まれました!

大切に育てていたグッピーが子供を産み、家族が増えたみたいで嬉しい!と大変喜んでいただいております。

 

さて、今後の赤ちゃんグッピーの管理方法ですが、このままでは他の魚に食べられてしまう可能性があります。

 

赤ちゃんグッピーを他の水槽、又は産卵箱などに隔離して育てる方法もありますが、お客様と相談し、あまり人の手を加えたくないのと、水槽内の水草や流木などがとても良い環境を作っているので、そのまま見守る事になりました。

 

隔離することによって赤ちゃんの生存率は上がりますが、赤ちゃんグッピーが隠れることが出来る水草などがあれば、そのままでも十分に飼育することが出来ます。

 

赤ちゃんグッピーは人工餌を食べますが、口に入る大きさでないと食べる事が出来ないので、稚魚用のフレークか普段与えている餌をすり潰して与えると良いですよ。

 

5E325AA3-36D9-4858-B643-3B0B37B8F6A0

 

元気に育っていくようお客様と一緒に見守っていこうと思います。

 

↓過去の記事は最新記事、アーカイブからお読み頂けます。